ポーカーのルールや遊び方を解説

1,カジノのカードゲームといえばポーカー

日本の新しい経済対策としてIR施設の整備が入っており、これは娯楽施設込の宿泊施設を建造し経済を活性化させるものです。
その娯楽施設で中核を担おうとしているのがカジノであり、これまで日本の法律では民間のギャンブルは禁止していたが外国からの来客の要望が増えたことによって改正したのが理由になります。

そんなカジノの印象といえばスロットやルーレットが思い浮かぶところですが、やはりカジノというゲームを支えているのがカードです。
カードはトランプの数字や4種類の絵柄を利用して、数字の優劣やどれだけ絵柄を合わせられるかなどのルールの中で遊びます。

そんなカジノにおけるカードゲームの中で、最も認知度が広いのがポーカーです。
ポーカーとは5枚の手札の組み合わせでカードの強さをきそうトランプゲームで、自分の手札で強い組み合わせをつくって、より多くのチップを集めた人が勝ちというシンプルなルールになります。

このカードゲームのルールにおいて、最も大事なことはいかに強力なカードの組み合わせができるかにかかっているのです。

2,カードの強さについて

まずカードは強い方から1を意味するAが一番強く、それからキングを意味するKから徐々に弱くなっていきます。
もしオープンの際に同じ組み合わせでも、このカードの強さが上回っている場合で勝敗を決めることになるのです。

そして最も有効なカードなのがジョーカーであり、これはオールマイティとされており一枚あるだけですべてのカードの代わりになるので最も強い組み合わせにできる確率を増やしてくれます。

ポーカーで覚えなくてはならないのは組み合わせであり、カードの組み合わせには難易度があり、勝てる確率は低くはなるが比較的集めやすいものと勝てる確率が大きいが達成するのが困難な組み合わせがいくつかあるのです。

3,組み合わせを覚える

最も簡単に集められるものとして考えられているのがペアであり、これは同じ数字のカードが2枚から最高で3枚そろった状態です。
そして難易度が中ぐらいに設定されているのがフラッシュであり、これは数字がバラバラであっても同じマークのカードが5枚そろった組み合わせになります。

そしてもう一つがフルハウスであり、これは最も集めやすい難易度のペアにおいてワンペアとスリーカードを一度にクリアすることで達成する形です。
そしてポーカーにおいて高いものに分類されるのがフォーカードとストレートであり、これは同じ数字のカードが4枚そろった組み合わせと同じマークのカード5枚数字の順番にならんだ状態です。

基本的には難易度が中ぐらいで勝負に行き、ディーラーから配られたカードが偶然丁度良い形になったらフォーカードやストレート狙うというのが順当な手です。

4,100パーセントに近い確率で勝てるロイヤルストレートフラッシュ

しかしポーカーには100パーセントに近い確率で勝てる手札の組み合わせが存在します。
その組み合わせというのがロイヤルストレートフラッシュであり、先に言ったとおりにカードの順番というのは1を意味するAが一番強く、それからキングを意味するKから徐々に弱くなっていきます。

その中で最も強いカードである1から10のまでの数字が、絵柄も合わせてすべてそろう状態です。
もちろんロイヤルストレートフラッシュにも手札の絵柄の強弱によって勝敗のルールが適応されますが、基本的に最も強い手札が5枚そろう確率は低いのでそろった時には勝負に出ます。

これからカジノが日本で始まる環境が整ったことで、スロットやルーレットだけでなくカードゲームも魅力の一つです。
ただいきなり本番で行うのはリスクがあるので、ポーカーの最大の魅力は組み合わせができればよいというルールなので自宅でも簡単に練習が可能という点があります。

自宅でいくらか組み合わせを練習することで、いざ本番の時には勝負の流れを見極められるので勝率が上がるのです。